当院のご紹介

沿 革

昭和12年 4月無医村対策として県立小畠診療所発足
昭和21年 6月日本医療団小畠診療所となる
昭和23年 4月日本医療団の解散によって施設の移管を受け、県立小畠診療所開設(内科,外科)
昭和23年 7月病棟(木造)新築(一般15床設置)
昭和26年 6月県立小畠病院に昇格(一般20床)
昭和35年 7月伝染病隔離病舎併設(一般20床 結核30床)
昭和45年11月病院全面改築工事に着手(三和保健所と合築)
昭和46年10月病院全面改築完了(一般40床)
昭和60年 2月旧三和保健所部分改修工事完了(一般50床)
昭和60年 3月救急病院告知
昭和63年 5月病院増改築工事に着手
平成 元年 7月病床増床(一般80床)
平成 2年 3月病棟増築工事完了
平成 2年 4月神石三和病院に名称変更(一般100床)
平成 2年 6月整形外科の新設
平成 2年10月眼科の新設
平成 5年 3月人工腎臓センター新築工事完了
平成12年 3月療養型病床群転換工事完了
平成12年 4月一般病床の一部を療養型病床群に転換(一般47床 療養48床)
平成13年 2月療養型病床転換付帯改修工事完了
平成15年 9月へき地医療拠点病院の指定
平成21年 4月県から町へ移管され公設民営方式で神石高原町立病院開院
(指定管理者:社会医療法人社団陽正会)
平成21年12月CT装置更新
平成22年 4月呼吸器内科、脳神経外科の設置
平成22年 5月広島大学地域医療システム学講座学生研修受け入れ開始
平成24年11月物忘れ外来開始
平成25年 4月訪問看護24時間対応
平成26年 4月医薬分業開始
平成29年 4月介護療養病床(12床)の廃止(一般47床 養病床36床)
平成30年 1月一般病床(47床)の内、15床を地域包括ケア病床に移行

[このページの先頭に戻る]